海外で仕事がしたい!仕事を探す方法

海外で仕事がしたい!仕事を探す方法

海外で仕事をする方法

あなたが海外で仕事をしてみたいと希望している場合、どのような方法があるでしょうか。

 

1.世界展開している企業に就職する。
日本には世界各国に進出している企業がたくさんあります。工業メーカー、建設会社、アパレル、飲食チェーン、観光関連事業など、現地へ赴任できる社員を必要としている会社は少なくありません。国内で就職した日本人が海外赴任を志望する割合は多くはなく、できれば定年まで国内で働きたいと考えている社員が大半です。そんな中で、率先して手を挙げられる人材は重宝されることでしょう。
ただし、営業成績や部下の管理能力、TOEICの点数など、社内での基準を設けている企業がほとんどですので、その基準に達するまでは国内の職場で数年の経験を積まなければなりません。

 

2.海外の企業に直接レジュメ(履歴書)を送ってみる。
Eメールなどで、志望する会社へ直接、英語や現地の言語で書いたご自分のレジュメを送ってみるのも、一つの手です。労働ビザを持っていない外国人を、わざわざビザ申請サポートをしてまで雇いたいと考える雇用主はとても少ないので、かなり狭き門になりますが、可能性が無いわけではありません。人生は一度きりですからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

3.ワーキングホリデービザを活用する。
30歳以下の年齢の方であれば、ワーキングホリデービザを活用して現地で実際に職探しをするのが近道です。

海外で仕事がしたい方へ求人を探す方法

海外の仕事を扱っている求人サイトは3種類あります。それぞれの企業がHPで社員を募集していることもありますが、大企業に限定されているため、専用のサイトで探すのが良いです。給与や労働条件が比較できるというメリットもあります。英語が苦手ならば日本に拠点を置いているサイトを利用します。様々な国を対象としており、海外コーナーといて一覧が表示されます。日本企業の支社である場合が多く、日本語で案内されています。日本の自動車メーカーや半導体などは東南アジアで需要が高いので、機械系エンジニアの情報が多く載っています。次に現地で運営されている日本人向けサイトです。特定の国で仕事をしたいと考えている人に適しています。日本人を募集するのは日系企業がほとんどですが、現地で働くうえで必要な情報がたくさん掲載されています。英語や現地でよく使われる言語で説明されています。さらに語学力に不安がなく、より多くの求人を探す時は、現地のサイトで仕事を見つけます。日系企業以外も求人を出しているため、選択肢は広がります。日本人観光客をもてなすツアーコンダクターや有名店舗の店員、ホテル従業員などは、日本人というだけで就職に有利です。

海外で仕事をするために必要な準備


日本で仕事をしていると、昔に比べて働き方は多種多様の時代になりました。昔は正社員が当たり前の時代で、年功序列の雇用体系だったのですが、今は契約社員やアルバイトの働き方も浸透したのではないでしょうか。昔だったら日本国内で働いて、国内で消費をしていた事で経済は好転していました。今は国内の経済状態は横ばい状態でグローバル化の時代になったので、国内以外に海外での働き方も普通になりました。海外で仕事をする場合に、国内でする事はあります。まずは働く前の準備は必要で、パスポートを取得する事と住む家を決める事は最優先で行なう必要があります。特に、パスポート申請をしてから受け取って、働くためのビザか永住をする場合は審査が厳しい国もあります。調べてから確認をする事が時間の無駄を省きます。パスポートやビザの問題が解決をしたら住宅探しですが、物価の安い国に住むのであれば日本よりもお得に住めますが、物価の高い国になると日本よりも損をする可能性もあります。物価の高い国に住む場合は、入念な下調べと準備は行なう必要があります。これからは、海外から日本に来る観光客や仕事で来る人も増えますので、日本の素晴らしさも伝えていく必要はあります。

 

海外転職を成功させたいという方はこちらを参考にしてみてください。
海外転職を成功させる方法と体験談