海外で仕事をするのに英語力は必要か

海外で仕事をするのに英語力は必要か

海外で仕事をしたいと思ったときに、まず気になるのは自分の英語がどれほど通用するのかということです。
もちろん英語力が高いに越したことはありませんが、英語に自信がない・まったく話せないという方でも、働ける可能性は十分あります。
一例としては、日本企業が日本人顧客向けのサポートセンターを国外に置いている職場などに勤務することです。地価や人件費の安さなどの利点から、通販のオーダーや保険の問い合わせなどのコールセンターを、日本国外に置いている企業も珍しくはありません。主にアジア圏を拠点にしている場合が多く、マレーシア・シンガポール・フィリピンなどの英語圏だけでなく、タイなど英語を公用語としていない国にもあります。日本人からの電話やメールに対応すれば良いわけですから英語の会話や読み書きは必要なく、上司も日本から赴任してきている日本人、または日本語のできる現地人です。
「英語はできないけれど、海外で働くという夢を叶えたい」という方は、そのような求人を探してみてはいかがでしょうか。

 

最後に、英語圏で働くにあたって重要なのは、「英語ができること」ではなく、「その英語力を使って何ができるのか?」ということです。日本国内で仕事探しをする際にはTOEICの点数など、英語力そのものがアピールポイントになりますが、英語圏においては英語ができることは当たり前の大前提ですので、その人自身に何ができるのかが重視されます。