海外で仕事をするのに向いている人物像は

海外で仕事をするのに向いている人物像は

海外で仕事をするのに向いている人とは、丁度日本企業から冷遇されやすい人物像になります。

 

例えば、日本企業の多くが素直で命令に従ってくれる従順なスタッフを好みます。
一方で欧米企業はそういったイエスマン的な人材を避ける傾向があり、反対に自立心があり、野心に燃えるタイプの男女を挙って雇います。
いわゆる自己主張が激しいタイプの人材は日本企業では冷遇されやすく、ヘタすると社内の和を乱す人物だと爪弾きにされてしまいます。

 

海外企業の勤務に向いている人の特徴として、次に挙げられるのが個性的な特技です。
日本の社会では個性尊重が叫ばれているものの、実際に雇用されたり、出世するタイプの多くが、いわゆる秀才型の人物であり、勉強でいうところの基本五教科を平均点以上取れる人物が組織内で重宝されます。
一方で欧米の仕事場はそういったゼネラリストよりも、一芸に秀でたスペシャリスト型の社員が重宝されます。
文章力はまるで駄目だが、プログラミングの技術はピカイチ、
社交性やコミュニケーションスキルは低いが、想像力が素晴らしい等、むしろ海外の仕事場の方が日本人の個人を高く評価してくれます。
また個人の能力を正しく判断してくれますので、日本企業のように業界経験や勤務年数、資格の有無などを、
あれこれ求められない利点があり、個人のポテンシャルは高いものの、学歴と職歴に不安を抱える若者も、欧米企業のオフィスに向いています。